会えない時間が2人の気持ちを変えていく

会えない時間が2人の気持ちを変えていく

私がまだ、高校生の頃の話です。当時の私は陸上部に所属し、毎日練習に明け暮れていました。

髪はショートカットで真っ黒に日焼けし、今時のオシャレで可愛らしい女子高生とは、かけ離れた感じでした。どちらかというと見た目男の子っぽかった私でも、同じ陸上部にいた男の子と両想いになり、付き合っていたのです。

色々なしがらみを考えると、内緒にしておいた方が無難だと2人で結論を出し、仲間には内緒にしながら付き合っていました。

部活から帰宅し宿題を終えた頃になると毎日どちらともなく電話をして、1時間ほど他愛もないおしゃべりをして寝るという毎日でした。

土日は練習か陸上の大会でしたので、映画や遊園地に出掛けるといったデートは出来ませんでしたが、大好きな人が一生懸命練習に取り組んでいる姿を毎日見ていられるという環境は、大変ありがたく幸せなものでした。

そんな中、彼の両親が離婚を前提に別居することになり、親権の問題等で彼はお母さんと一緒に住むことになりました。お母さんの実家は地方で、そちらの方に引っ越すことになり当然、高校も転校してしまったのです。

私は東京、彼は地方で連絡の手段は家の電話しかない状況でしたので、遠距離恋愛は不安でいっぱいでした。高校三3生となり、お互い大学受験を目指す時期となった辺りから、毎日の電話が1日おきになり...2日おきになりと少なくなっていきました。

彼は東京の大学を受験して合格したら、その時は今度こそどこかに遊びに行こう!とよく話してくれていたので、それを期待しながら私も日々勉強に明け暮れていたのです。

結果、私は合格し、彼は不合格に。彼の不合格が自然消滅の主な原因かもしれませんが、会えない時間が、好きという気持ちを少しずつ消していった感じがします。

懐かしい思い出です。