好きな人と 結婚したい人

大学生のころ、同じ大学の2歳年下の後輩と親しく友達付き合いをしていました。

映画とか漫画などの趣味が合ったので、一緒に漫画サークルを作って会誌を編集したり、映画を一緒に見に行ったりしました。

彼は大人しくて穏やかな、とても性格の良い人でした。彼が私のことを好きらしい、ということは彼との共通の男友達から聞いていましたが、あまり本気にしていませんでした

私は男の友達が多かったので、その一人だと思っていたのです。大学を卒業してその次の年、彼も大学を卒業し社会人になりました。

彼は、地元の北海道に戻って就職したのですがある時、彼が上京するという連絡があり、私の実家の近くの駅で会いました。

それで久しぶりに会ったのですが、その時に彼が、「〇〇さん結婚は」と、遠回しにプロポーズしてくれたのです。けれども私は気付かないふりをして、話題を変えてしまいました。

彼のことは好きだったけれども、結婚の対象には見られなかったのです。でも、あとあと考えてみたら、ちゃんとプロポーズしてくれたのは、彼だけだったと思います。

それなりに好きな人だったので、あれも淡い恋愛だったのかなぁと思いました。ほろ苦い思い出です。

私とだけ付き合ってくれる?

2年くらい前の事でしょうか。1年くらい続けた何てこと無いブログに、熱心にコメントをくれる人が現れました。

私は不用心な人間なので、家の近所の写真とかも平気で載せていたのですが、そのせいか、そのコメントの人とやり取りをしてみると、割とご近所の方でした。

そうこうしているうちに、まぁ自然な流れで会うことになり、私としてはお付き合いをしているつもりでいました。でも、今になって良く考えてみると「好きだ」とも「付き合おう」とも言われていませんでした。

私が会いたいと思っても、忙しい様でなかなか会うことが出来ない日が続いた後、何気に言ってみたのです。「私以外にも女の人いるの?」まさか、「バレてたのー?」と言われるとは思ってもいませんでしした。

彼が言うには、自分は1人の女性では満足いかないタチなので、どちらかに絞れないと。なんとか私だけと付き合って欲しいと伝えたのですが、答えはNOでした。

そんな調子の良い事は、私には出来ないので「サヨナラ!」と言うしかありませんでした。今でも複数の女性と、お付き合いしているかは不明ですが。確実にしてるだろうね。

その後、男性と付き合い始める時に、「私とだけ付き合ってくれる?」と、当たり前の確認をする様になった私です。苦い思い出話でした。