40代が安心安全に利用できる出会い系サイトとは?

特に40を過ぎると、自然な出会いのチャンスはめっきり少なくなりますね。そのまま何も行動しないで待っているだけでは、ほとんどの場合、ただ虚しく時間が過ぎていくだけです。そこでオススメなのが出会い系サイトなんです。

出会い系サイトを利用すると、日常生活の中で自力で出会いを探すことに比べ、間違いなくチャンスが増えます。相手もこちらも最初から出会いを求めている上に、メールという気軽なコミュニケーションツールで会話が始まるわけですから、それも当然です。

本当に出会える40代出会い系の利用が絶対条件!

と言っても、それはあくまでも安心安全に利用できる優良出会い系サイトを利用した場合というのが大前提になります。世の中には40代向けをうたった悪質な出会い系、要はサクラしかいないのに会員を募集して、高い料金をふっかけている出会い系サイトが沢山ありますから。

 悪質出会い系の手口と対策

40代向けをうたった出会い系で特に多いのが、サイトイメージを「癒し系」にしていかにも健全を装っているパターンと、「人妻なんちゃら」的なサイト名とともに完全にアダルトな訴求をしているパターンの2つです。

両極端な2つですが、どちらも悪質。その一番分かりやすい見抜き方はメール送信メール閲覧の料金を見ることです。メールを送るのに100円以上かかるところ、また、メールを読むにも料金がかかるところは悪質な可能性が高いので利用しない方がいいでしょう。

健全な運営をしている出会い系サイトならメール送信50円、メール閲覧無料というのがスタンダードです。

他にもよくある手口が「無料」をうたっていながら、実は単に悪質な有料サイトへ誘導するための入口になっているだけというパターンです。まずは無料という言葉で釣って登録させておき、それからあの手この手でサクラばかりの高額有料サイトへ誘導する二段構えの手口ですね。

残念ながら、こんな風に40代向け、50代向けをうたっている出会い系サイトには悪質なところが多いのが現実なんです。

 結局は業界大手がおすすめ!

では、どの出会い系で活動したら良いのかと言えば、中高年の方々にもやっぱりワクワクメールやワイワイシーのような業界大手がオススメなんです。それらの一見若いユーザーしかいないと思われるサイトにもミドル掲示板があり、40代の男女も大勢参加しているんですね。

中高年層を狙った悪質な出会い系サイトにはくれぐれも騙されないようにしたいものです。

40代出会いのお役立ちサイト紹介

中高年出会いナビ
40代が活動するのにぴったりの優良出会い系紹介の他、中高年の出会い攻略情報が満載です。

無理な若作りは失敗する!40代なりの魅力で勝負!

40代の魅力って何だろう40代になると、見た目の若々しさやみなぎるパワー、勢いという点ではどうしても20代にはかないません。ところが、その20代と同じ土俵で勝負しようとする40代男性もいます。

もちろん個人差もありますから、人によってはそれも通用しなくはないのですが、無理な若作りは周りから見て「イタイおじさん・おばさん」という印象に映ってしまうケースが多いものです。

それよりも、若い世代にはない40代なりの魅力、豊富な経験値・知識だったり、落ち着きだったり、包容力だったりを全面に出した方がかえって上手くいきます。言わば大人の男の立ち振る舞いこそが若い男子との差別化になり、20代~30代の年下女性から見た時の魅力になるのです。

出会い系サイトのメールでは、年上であっても丁寧な言葉づかいが大切です。別に若い人達の言葉遣いやテンションを無理に取り入れる必要はありません。

また、特に話を聞いて理解してあげるスタンスは40代男性の得意とするところです。仕事や会社での人間関係に悩んでいるのに、それを同世代の男子に言ってもいまいち分かってもらえないという20代~30代女性は多くいるものです。

なぜなら、20代の男性は男性でやっぱり社会の中で自分の立ち位置を探すこと、この先の下地を築き上げることに必死だからです。

でも、ある程度マネージメントを任される立場の40代なら、より俯瞰的な物の見方ができるし、大きな器で受け止めることができます。ただし説教じみたアドバイスは厳禁。

よほど仲良くなってからなら許されることもあるでしょうが、女性は出会い系で知り合ったばかりの相手からの辛辣なアドバイスは一切求めていません。説教は日頃の上司からだけで充分なんです。

女性はただ、聞いてほしいのです。ですから、メールでもとにかく聞くこと・理解すること・共感すること。これが大事なんです。

20代と全く同じスタンスで行くのと、40代なりに若いスタンスで行くのとでは全然違います。40代はガツガツすることもなく、大人の男の魅力で勝負するべし。それこそが良い出会いを引き寄せるのです。

高校時代から今でも彼のことを追いかけています

高校時代から今でも彼のことを追いかけています

高校時代から、現在までずっと片想いをしている切なくほろ苦い恋です。

当時の彼はちょっと目立ちたがり屋な性格に、誠実な心の持ち主の野球球児でした。

いつも真面目で必死、それ程目立つタイプでもないのに常にファンは多かった彼に、私は入学してすぐに一目惚れをしてしまいました。

2年生になって相手に彼女が出来てしまいましたが、それでも気持ちはエスカレートする一方で、1ヶ月に一度は下駄箱に匿名で手紙をいれるというおとめチックな恋をしていました。

3年間で話をしたのはほんの数回だけでしたが、相手は私の気持ちを察していたのかどうかは定かではありません。

卒業式当日、友達の協力のおかげで一緒に写真を撮影してもらうこともでき、その後彼の家へプレゼントを持って行って渡すこともできました。

それから彼は大学野球を始め、1年に一度は関西から神宮球場まで応援をしに足を運びました。野球にのめり込み応援し続けたおかげで、今は野球に関わった仕事をしています。

インターネットを通して、今でも社会人野球を続けている彼の情報を仕入れ、頑張っていることが分かると安心する今日この頃です。

私の中で人生一番の素晴らしい出会いは、高校時代の片想いの彼と言っても過言ではありません。

映画の夢に向かって突き進んでいた彼は素敵でした

映画の夢に向かって突き進んでいた彼は素敵でした

高校生の頃は、叶わない片想いばかりしていました。

男の子ちゃんとしたお付き合いをしたことが無かったのですが親しくなった男の子も多少はいて、ほのかなお付き合いの記憶が残っています。

その男の子はクラスの同級生で、映画部の人でした。

映画部のメンバーとは結構交流があったのですが、その中で一番親しくなったのがこの人でした。

映画のことを一番真面目に考えていて、実際に映画の道に進み、日大芸術学部の映画学科を卒業後、後にプロデューサーになったという人です。

その彼とデートしたのは高校3年の秋のことで「日大の芸術学部の文化祭に行こう」と誘ってもらったのです。男の子と二人で出掛けるのは、ほとんど初めてだったのでドキドキでした。

横浜で待ち合わせ2人で電車に乗って江古田まで行き、日大芸術学部の学園祭を見学しました。彼はここに進学するつもりだと言っていました。

学園祭では映画上映会をやっていて「去年マリエンバートで」と「青春残酷物語」を観たのですが、どちらも強く印象に残っています。

その後も良いお友達として仲は続き、きちんとお付き合いすることはありませんでした。思い切って告白をすれば良かったと、今では後悔しています。